ちどりあしHSP

ステータス低いスライムと化しているHSP気質の日常

たとえばなしって面倒くさいな。

以前、芸能人の○○に似てると周りの人を置き換えては、それを誉めだと誤認している同僚女性がいた。

仮に自分が、「かわいい」と言われている芸能人にたとえられたら嘘でしょ?と思うし、好きじゃない芸能人にたとえられたら嫌な気分になる。

次々と周囲の人がアイドルやタレントにたとえられていく中で、わたしのことは家電にでもたとえてくれないかなと思っていた。


化粧を覚えたばかりで加減がわからなくてファンデーションの厚塗りをしていたとき、当時の自称友達から大御所の厚塗り女優に似ていると言われたことがあった。またそういうふうに言われたら、どんな態度でいればいいのかわからないじゃないか。


早く終わってくれないかなと上の空でいるうちに、自分がたとえられる番になってしまっていた。

「えっと……胸が大きいから○○!グラビアの○○に似てるよ!!」
最初思いつかず困って沈黙し、いいの思いついたみたいな流れで勢いよく言った彼女。

ねえ、この空気を察知して。内心で厳しくツッコミながら、「はいはい、ありがとう」と軽く流した。

話題を終わらせたかったのに、
「ほんとに!ほんとに似てるよ!!」
彼女は強めに追い打ちかけてきた。

似てないよ!なんでまだ食い下がってくるの!?
え~ほんとに~?(照)なんてリアクションを期待してたの?そんなもんするか!!心の中で叫んでいた。

似ていると言われた女性の容姿に不服があるわけではなかった。ちょっときつい顔の美人。そもそも似てなかったけど。

胸が似ているという乱暴なたとえに腹が立ったのだ。雑な処理しかできないなら、最初から手を出さないでほしい。色々と傷つくんだよ、こっちは。

f:id:gunjolog:20180714160955j:plain



本当に芸能人に似ているなと思ったときでも、わたしは本人に言わない。

嬉しいと相手が思わないなら、わざわざ言う意味が見いだせないからだ。