ちどりあしHSP

ステータス低いスライムと化しているHSP気質の日常

姪っ子プチ子守りの話。

「めだま、だせー!」
!?
「いま目玉出せって言った!?」

数年前のことです。
姪っ子を子供が乗ることのできる買い物カートに乗せゆらゆらとさせながら、家族との合流まで子守りしていました。

デパートの食品売り場のあたりで、姪っ子と二人。

寝てたと思っていた姪っ子が冒頭の台詞を吐き、道行くおばさまにチラ見されました。見ますよね。わたしも凝視です。姪っ子は真っ直ぐ前を見たままです。

「おい。姪よ。おまえだよ」
つい口調が乱暴になりました。

目玉ですよ。目玉。それ誰に言ったんだ。
都合悪いとき、怒られたとき、気分が乗らないときは基本ムシするスタイルだった姪っ子は、こちらの呼びかけに無反応で前を見たまま数分間。

あきらめたその時です。

少し調子外れではありましたが、姪っ子は「カタツムリ」を歌い出しました。

おまえ…。

あります。
冒頭の台詞、歌詞の中にあります。
よりによってそこだけを強めに声出しするからさ。

姪っ子から回答は得られなかったので推測ですが、心の中で歌ってて、テンション上がって声に出たのがそこだったのでしょうね。歌ったというより叫んだに近かったけど。


通りすがり驚かせたあの方に伝えたかった。
「歌です。この子は歌を歌ってたのです!」と。


姪っ子も小学生になったいま、面白エピソードのひとつとして数えられる話となりました。あれから数年経ちましたが、都合の悪いときムシするスタイルは変わっていません。泣くほど怒られてもぶれない。うそでしょ。信じられない。
f:id:gunjolog:20180821125234j:plain


ちなみにわたしは気づくと「ゲゲゲの鬼太郎」か「アンパンマンの歌」を鼻歌してます。最近は「ドラえもん」が加わりました。…なんでだろう。